企業年金基金の基幹業務をシステム化(ⅠA型、ⅠB型)することによって全ての年金・業務データを効率的かつ安全に管理・運用でき、業務委託費の軽減によるコスト削減を実現していきます。

総幹事会社に依存しない給付設計が柔軟にでき、企業様独自の基金運営が可能となります。基金様が主体的に管理・運用できることにより、年金・業務データを活用した加入者様・受給者様へのより一層のサービス向上が可能となります。

当社では、基金様の予算/規模/ご要件等を考慮して、2種類のシステム製品をご用意しております。

企業年金基金Ⅰ型システムパッケージ型 ねんきんDB-Partner

「ねんきん DB-Partner」は企業年金の一つである確定給付型年金制度に向けて各企業様にご提供している企業年金基金業務管理パッケージシステムです。

  • パッケージ製品でありながら、企業様独自のいかような給付設計にも対応可能なフットワークの軽いシステムです。
  • 独自のノウハウを結集し、使いやすく、安全性に優れたシステムを実現しています。
  • スピーディーかつ正確に業務を処理できます。
  • 日々の運用管理を行っていく上で、業務全体をとおしてのクオリティの向上と、効率化をもたらします。

視認性に優れた簡単操作

主要業務ごとの、日次処理/月次処理/随時処理など、誰もがわかりやすい画面構成。
また、入力/計算・取込/帳票出力など処理を実行する上での視認性の確保。
誰もが気軽に処理できる簡単操作を実現しています。

ログオンによる情報漏えい防止、ログ管理機能搭載

ユーザーID、パスワード入力を実行しなければ、システムは動作しません。
大事な個人情報の漏えいを防止します。
また、ログオンユーザーID毎のプログラム使用ログの管理機能も搭載しております。

外部情報の取り込み処理

マスタ更新が必要となるものについては、各種情報を取り込むことにより、随時更新処理ができます。

  1. 金融機関マスタ:金融機関の統廃合、支店コード変更など
  2. 住所辞書マスタ:被保険者の住所データ

環境にやさしいシステム

帳票印刷時において、アプリケーションソフトと組み合わせることにより、控えで取っておける帳票については、イメージで保存し、必要なときだけ印刷することが可能です。

データ活用が容易に

システムで管理している様々なデータをExcelに出力できます。
また、お客様で様々な抽出条件を設定できます。(抽出条件の保存が可能です)
基金データの活用・分析、二次利用(基金だより等に利用)が容易になります。

導入事例

企業年金基金I型システム[パッケージ型]
ねんきんDB-Partner導入事例

企業年金基金Ⅰ型システムコンポーネント型 SUPER DBP Manager

「SUPER DBP-Manager」は企業年金の一つである確定給付型年金制度に向けて各企業に提供している企業年金基金業務管理コンポーネントシステムです。

製品コンセプト

1. 過去のデータと新企業年金のデータを一元管理

  • 旧制度である厚生年金基金時代の受給権者と、新企業年金基金としてこれから管理する対象者を一元管理できます。
  • 旧制度の年金支払と同時に新制度での年金支払を全く意識する事無く同時に支払処理できます。

2. 確定給付型制度(DB)、キャッシュバランス制度(CB)を管理

従来の制度に存在した確定給付型制度も、新たに制度設計されたキャッシュバランス制度も同一システムの中に共存させる事が可能です。

3. CBにおける持分残高、仮想勘定残高を試算

キャッシュバランス制度の根底である持分残高も、持分付与額の元利複利計算で確定される個人勘定残高も迅速に試算し、照会ができるようになります。
※残高履歴も照会可能

4. 制度設計上、第5階層まで管理可能

システム設計上は、第5階層までの制度を管理する事が可能です。
入力出力画面、帳票の設計上は、第3階層を標準装備しております。

5. コンポーネント構築で顧客ニーズを取り込みながらのシステム化を実現

顧客ニーズをできうるだけ取り込みやすいように、コンポーネントシステム構築を基準に考えておりますので、よりお客様の要件を柔軟に組み込む事ができます。